コウノドリ2動画2話を無料フル視聴!二つの命の選択は?!

この記事は、ドラマを見逃しちゃった・もう一回見たい!という人のために、ドラマのあらすじ・感想をたっぷりとお届け!
そして最後まで見てくれた人にはドラマ動画の見逃し配信をフルで視聴できる裏ワザ特別に紹介しますよ〜!

 

コウノドリ 2話のあらすじと感想

 

前回の予告で子宮頸がんを患ってしまう妊婦さんのお話のようでした。

 

サクラに赤ちゃんが順調だと告げられる久保さん。嬉しい気持ちが表情に出るや否や、子宮頸部腺がんの宣告を受けてしまう。

 

一度詳しく検査をした後、妊娠を継続するか判断する必要があると…がんの進行具合では早い段階での治療が必要とのこと。

 

そんな状況の中でもお腹の赤ちゃんは動いてる、生きてる。

 

検査をした結果、思った以上にがんが進行していたようで出産を終わるまで進行を見守るという選択肢はないという。

 

子宮頸部腺がんは進行の早いがんであるみたい。

 

久保さんは今妊娠19週のためまだ赤ちゃんがちゃんと育っていないからいつまでお腹で育てて、どのタイミングで出産し、それと同時に早めに治療に取り掛からないといけないと説明を受ける。

 

さらにサクラは「これは産む前提の話です」と続ける。

 

母体を最優先に考えれば赤ちゃんを産まないという選択肢もあるが子宮は全摘とのこと…

 

もし私が同じ立場なら「まさか自分が?!」って思う。

赤ちゃんにがんが移ることはないみたいだけど、赤ちゃんをちゃんと丈夫な体で普通に産んであげたい。

誰のせいでもないけど自分をすごく攻めてしまいそう。。。

赤ちゃんを選ぶか自分を選ぶかなんて酷すぎる…

 

久保はお腹の中で生きているのを感じ、産みたいと決断。

サクラは「どんな選択をしようとも全力でサポートします。」と久保夫婦に告げる。

 

久保さんの夫は母体を最優先に考えているため赤ちゃんをあきらめてもいいと妻にに伝えると、

自分の命が助かっても、子ども産めない自分と一緒に居ても仕方ないから離婚してもいいと言う。

でも、夫は子どもが産めるかどうかで結婚を決めていないと、お互いの価値を確かめる。

 

合間に入ってくる四宮先生の妊婦さんと喫茶店で密会?!してる場面やサクラが育った施設に帰ってけいこママに会うシーンが時折気持ちを和らげてくれますね。

 

けいこママに今回の子宮頚部腺がんの妊婦さんのことを話したら、

けいこママ「サクラのお母さんはお腹の中ではちゃんと大事に大事に育てたよ。

いざとなったら自分の命差し出してでも子を守る、それが母ゆうもんや。

でもな、ホンマは自分の手の中でサクラを育てたかったと思うよ。」

確かに自分の命に代えてでも子どもを産みたい、女性は命がけで出産してます。

でも産むのが仕事ではなく産み育てることが母親の使命ですよね。

 

久保さんのための申し送りの中で、サクラは今橋先生に妊娠を継続するのなら何週まで待って産むのかと聞かれ「28週と考えています」という。

その考えに四宮先生が「32週まで待つべきだ」と反論。

がんの進行を早めに食い止めるには28週、でも赤ちゃんに発達障害などの後遺症が残りやすい。

赤ちゃんを成熟に近づけてあげるには32週、でも母体の危険も伴う…

4週の差は大きい。

赤ちゃんにとってもお母さんの命は大切。

どちらの命も助けたい、できれば無事に…

 

本音を言えば子宮頸がんのワクチン接種がもっと広がれば、こういうことにはならずに済んだのかもしれないと四宮先生。

13歳での初回接種率は本国では1パーセント未満なんだそう。

ワクチンの副反応が出てしまうとかで推奨はしていない。

小松さん「ワクチンも選択肢の一つだってことだよね。

そもそも100パーセント副作用が出ないワクチンなんて存在しないんだから、原因が明らかになってないのに気にせず受けって言われてもそりゃ無理だよ。それが親の正直な気持ちじゃない?親が守らないで誰が自分の子を守るのよ。」

だてに人生経験も助産師経験も経てないです!!

 

久保さん夫婦がペルソナを訪れてきました。

やはり話し合うにしてもどこから何から話していいのやらわからないですよね。

ただでさえナイーブな時期なのに…

 

サクラが他の先生に28週で産むことを提案していると告げるが、早くに産んで赤ちゃんが心配な久保さん。

1500グラム以下の低出生体重児として保育器に入ったり人工呼吸器をつけたりと何らかのリスクを追う可能性があると今橋先生は伝える。

それでもその週数で産むことを勧めるのはなぜかサクラに聞く。

サクラ「お母さんご自身の手で赤ちゃんを育ててほしいからです。」

ここでけいこママのあの時の言葉が活きてますね!!

サクラは産婦人科医だけど、男性だし出産はできない。

母親も早くに亡くしてるから母親の愛情はなかったが育ての親のけいこママの愛情を受けて育った。

こういう妊婦さんの局面にけいこママの女性として、母親としてのアドバイスをちゃんと活かしてるんですね!!

 

今橋先生が今NICUで早くに産まれて保育器に入って頑張っている赤ちゃんを見学しに行くことを久保さん夫婦に提案。

 

26週で産まれた赤ちゃんを見せてもらう。

産まれた時には700グラムだったけど、しっかりミルクを飲んですこしづつ大きくなっている。

久保さん「動いてる」

白川先生「こんなにちっちゃくても生きようとする力ってすごいんです」

 

こういう不安な時に粋な計らいをしてくれる今橋先生グッジョブです!!

本当に小さい小さい赤ちゃんがお母さんの小指を一生懸命握ったり、動いたり、強く生きていて涙でした。

そのお母さんも「今は幸せです」と笑顔で話す。

 

改めて久保さん夫婦で話し合う。

夫は強く生きる赤ちゃんとお母さんをみて幸せそうだから勇気をもらえたと妻に話す。

夫「力を合わせれば何とかなる、俺が何とかする」

妻「きれいごと言わないでよ。もしこの子に何かあったら私たちの人生が変わるんだよ?心から幸せって言える?

28週でも死ぬかもしれないんだよ?それならできるだけお腹で育てて迷惑にならないようにしたい…」

夫「俺たちの子だよ?俺たちで育てるんだよ。3人の人生だよ。一緒に生きたいよ」

その言葉で28週で産んで2つの命をちゃんと生かすことを決意。

 

2か月後、帝王切開と子宮全摘の手術のため久保さんは入院。

帝王切開で産んだ後、手術にすぐ切り替わるらしい。

 

サクラ「赤ちゃん出まーす!」

この掛け声なんか好き!!一気に込みあがるものがあって自分の出産間まで思い出しちゃいます。

サクラ「元気な女の子です!」

と、持ち上げた赤ちゃんの頭はとても小さく見えた。。。

久保さん「頑張れ!頑張れ!!」

赤ちゃんに投げかける。

その後子宮の全摘手術に切り替わる。

サクラ「久保さんよく頑張りましたね。」

久保さん「鴻鳥先生、私がんになんて負けませんから。絶対にあの子育てますから!」

このお母さん本当に強い。妊娠・出産でさえ相当な労力がいるのに、産後にがんと闘いながら育児をしていく強さに涙流さずにはいられませんでした。

毎度毎度1話見るたびに何度泣くことか…

自分が出産を経験したことあるからか余計に泣けてきます。

 

出産、手術を終えた久保さん夫婦は赤ちゃんの元に。

それを見ていたサクラと四宮先生。

四宮先生「サクラ、運がよかったな」

サクラ「お母さんが子どもを助けたいって思いが勝ったんだよ」

四宮先生「いや。母親の手で子どもを育てさせたいっていうお前の想いが勝ったんじゃないか」

と言い捨てて行った四宮先生。

四宮先生もサクラの純で産婦人科医としての力強さには一役買っているんでしょうね。

 

久保さんが初めて赤ちゃんに触れるとしっかり生きているのを感じた久保さん夫婦。

今橋先生「お母さんと一緒に生きていきたいと願ったから懸命に頑張ったんじゃないでしょうか。

ちょっと早く産まれちゃったけど赤ちゃんがご家族と一緒に生きていくためにこの誕生日を選んだんです。」

この言葉に久保さん夫婦も救われたんだと思います。

お母さんもますます自分が死ねないねと改めて実感したみたい。

 

毎回妊娠・出産は奇跡なんだと改めて感じさせられます。

普通に妊娠して普通に出産することがどれほど大変か、逆に特別な出産も更に大変か。

それに出産がゴールじゃなく、出産がスタートで育児という長い道のりをたどらなきゃいけないのも改めて考えさせられる回でした。

 

見逃し配信動画をフルで見る方法

無料で見れるDailymotionとかPandoraとか動画サイトもあるけど、実際にウイルス感染もあって正直危ないですよね・・・。

あと基本的にそういう動画は違法なので見ること自体も違法行為なんだとか・・・!

「でもやっぱりドラマを見たい!」

っていう人にオススメなのがこれ!

見逃し動画をフルで見るならU-NEXTが賢い選択♪
  • 現在放送中ドラマ・アニメの最新話
  • 話題の映画
  • 人気コミック・原作マンガ
  • 70種類以上の雑誌
  • アダルト(2000本以上)
配信本数12万本以上!!

しかも動画をダウンロードできるから、ネット環境なくても見れちゃうスグレモノ♪

今なら期間限定で31日間無料トライアルキャンペーン実施中!!

初回登録に限り、ポイントも600ポイントもらえるから、

見たかったあのドラマもポイントで見れちゃう!

そんなU-NEXTを実際に使ってみた『正直な感想』を書いて見ました。

>>U-NEXTの詳しい内容と実際に使ってみた『正直な感想』はこちら