明日の約束動画3話を無料フル視聴!辻先生が大変なことに!?

この記事は、ドラマを見逃しちゃった・もう一回見たい!という人のために、ドラマのあらすじ・感想をたっぷりとお届け!
そして最後まで見てくれた人にはドラマ動画の見逃し配信をフルで視聴できる裏ワザ特別に紹介しますよ〜!

明日の約束 3話あらすじ・感想

前回は、自殺した吉岡圭吾(遠藤健慎)がクラスで無視などをされていたことが、わかりました。学校の記者会見が記事になり、不穏な空気が漂います。また、バスケ部マネージャーの増田希美香(山口まゆ)は、部活でも、圭吾が何かのトラブルをかかえていたことを藍沢日向(井上真央)に話す、というところで終わりました。今週はどうなるのでしょうか?

相談室で話す、希美香と日向。

希美香「何があったかわからないんですけど、キャプテンの長谷部くんと、1年の沢井くんが話してるの聞いちゃって」

ーー沢井「どうするんですかこれから。もし俺らと圭吾のことがバレたら」ーー

希美香「でも二人共圭吾くんとは仲良かったんです。同じ中学出身で、もともとバスケ部の先輩後輩だったから」

考え込む日向。

この謎はもう少し先までこのままなのかな。思い出の中では、3人ともとてもいい雰囲気だったのになんでこんなことになったんでしょうね。

帰宅した日向。母の尚子(手塚理美)が、棚の上のアルバムを取り出していた。

尚子「なんだか急に見たくなって。ひなちゃんに恋人がいるってわかったから、こんな気持ちになっちゃったのかしらね。この間はごめんね。突然だったから、気持ちの整理がつかなくて。本庄さん素敵な人じゃない。学校も大変だろうけど、それはそれとしてちゃんと幸せになるのよ」

えーっと、先週確か、尚子さんすごいこと言ってたような気がするのですが、「いやらしい」とかなんとか。この母親、あんまり覚えてないんですかね。ごめんねーじゃすまんだろー。

次の朝のテレビで、圭吾の母真紀子(仲間由紀恵)がマスコミの取材に答えている様子が、映し出されていた。

記者「圭吾くんは二学期から不登校だったわけですね」

真紀子「ええ。バスケ部で怪我をさせられて、夏休みの途中から塞ぎ込むようになって。これがその時の写真です」

体にあざが何箇所もある写真が数枚、つくえのうえに置かれている。

真紀子「病院で欝の診断を受けたのに、担任とスクールカウンセラーがうちまで押しかけて、学校に来るようにと」

記者「それで追い詰められて、翌日家出をしたと」

真紀子「はい、夜遅くに先生がみつけたんですけど、母親の私に連絡もくれず、息子に色々と言ったみたいなんです。それで次の日の朝、圭吾は…」

記者「黒く(スプレーで)ぬりつぶされた部屋でですか」

真紀子「母親としてあの子の苦しみに気づいてあげられなかったのが、本当に辛くて」

記者「校長は生徒間でトラブルがあったことを認めた上で、その程度のことが自殺の原因になるとは考えられないと話していましたが」

真紀子「圭吾が死を選んだのは、学校で受けたいじめに耐えられなかったからです。あたしは絶対に許せません。絶対に」

この話だけだと、確かに学校が悪者になるよなぁ。真紀子の母親がマスコミを味方につけて、一体何を考えているのか恐ろしいです。

真紀子の一方的な主張がテレビで流れたことで、学校側は困り果てる。まずは顧問の辻が部員に話すことになる。

辻「報道にもあったが、吉岡の親御さんは、不登校や自殺の原因がバスケ部でのいじめだと考えているようだ。俺はお前たちのことを信じているし、何かの誤解だと思っている」

辻「だがもし、なにか問題があったというものがいたなら、そのことを正直に話して欲しい。あした、霧島先生とカウンセラーの藍沢先生が、みんなから話を聞く。遠慮なく話せばいい。責任は俺が取るから」

沢井「責任を取るって。先生、学校やめるんですか」

辻「そういう必要があるならな。誤解や行き違いがあったにせよ、バスケ部の仲間が死を選んだ。それを見過ごしたのは顧問である俺の責任だ。ほんとにすまん」

 

日向は、敬語の幼馴染の香澄に会う。

香澄「これネットで拡散してるけど。椿が丘高校バスケ部は暴力集団。指導している辻哲哉は以前、体罰で生徒に大怪我を負わせている」

日向「だれがこんなことを」

 

次の日部員一人ずつに聞き取り調査を行う霧島と日向。

日向「沢井くんは、吉岡君と同じ中学だよね。もともと同じ中学で仲が良かったって聞いてたけど」

沢井「…距離を置くようになったのは圭吾の方からです」

長谷部「部活内で浮くことはあると思います。実際そう言う奴でしたし。それより聞きたいことあるんですけど。こんな事件起きてニュースで騒がれて。うちのバスケ部って、今度の大会、ちゃんとでられるんですか」

霧島「断言できないが、学校側としては、出場を辞退する可能性が高いと思う」

長谷部「ならすっげえ迷惑ですね。自殺とかされて責任なすりつけられるの」

霧島は沢井と長谷部が何かを隠していると感じ、辻先生といっしょに話し合いをもったほうがいいと日向に話す。しかし辻は、ネットで噂の体罰の件で、理事会に呼び出されているようだ。

霧島「辻先生は厳しい状況です。以前勤めていた学校で、体罰事件を起こしたのは事実のようですから」

なんというか聞き取り中のバスケ部員みんな冷たい!一人くらい、いいやつだったっていうのはないの?相手はなくなってるのに、なんにも感じないのかな?聞いてて心が寒くなりました。

それにしてもこのタイミングで、体罰の情報はとてもまずいですね。辻先生、いい先生に見えたのに、なんで?マスコミの格好の餌食ですよ!

学校の外で、突然記者に呼び止められる日向。

記者「世間にとって、あなたたちは生徒を殺した悪者だ。叩き潰していい社会悪なんですよ。だから覚悟しといたほうがいい」

流石に落ち込んだ日向は、本庄の家を訪ねる。

本庄「なんかあった?」

日向「ちょっとこわくなったから。…なんていうか。人の悪意みたいなのが」

部屋に通された日向が見たのは、母親の尚子が気に入って食べていた和菓子の紙袋だった。

日向「うちのお母さんにあった?あったんでしょ?いつ?」

本庄「昨日連絡もらって喫茶店で。お母さん日向のこと心配してて。でもでしゃばると嫌がられるからって。いいお母さんだよね。」

日向「かえる。…いいお母さんなんかじゃないよ!あの人は」

 

日向の思い~~あたしの母は昔からいつもこうだった。私が自分の意志で手にしたもの、人間関係にもベタベタと手垢をつけて自分の思い通りにしようとする~~

回想~明日の約束ノート9菜のひなたへ

日向の読む本も遊ぶおもちゃも、食べるおやつも、お友達も全部ママが選んであげる。日向にとってそれが一番正しいんだから。明日の約束 「ママの言うことを疑わない」~

この子供を追い詰める約束ノートは、一体いつからいつまであったんでしょうか。気丈な日向にしては、珍しく恋人に寄りかかろうとしていたのに、忍び寄る母の影。日向にもカウンセリング必要ですよね?当然母親にも治療が。

ネットでの辻先生の噂はますます加熱していた。前任の学校で生徒を半殺しにしたというものだ。しかし、事実はすこし違っていた。バスケの強豪校だった前の学校で、特待生でエースだった生徒が、いじめにより、被害者生徒に障害が残る程の怪我を負わせた。そのエースだった生徒を殴ったというのだ。

世間での騒ぎに責任を感じ、退職届をだす辻。そのとき真紀子から学校に電話が入る。現時点でわかっている事実を報告して欲しいとのことだった。

霧島と日向が、向かおうとしたところ、長谷部が「人殺し」と言われたことに切れて、男子生徒の胸ぐらを掴んでいたところに出くわす。辻もその場に駆けつける。その辻を思わず殴ってしまう長谷部。

辻「長谷部落ち着け。お前はキャプテンなんだ。…俺がいなくなってもしっかりやれよ」

霧島「まさか辻先生、辞表を?」

立ち去る辻を思わず追いかける日向。

日向「悔しくないんですか。やましいこともないのに。辻先生は間違ったことはしてないんです。なら」

辻「一度間違いを犯した人間は何年経っても許されない、バツを受け続けなければならないし、信頼も取り戻せない。今はそういう世の中なんですよきっと」

この辻先生の言葉、私自身も最近ちょっとこわいと感じます。昔の罪からは逃げられない。少しでも悪いところがあると、ほじくりだされて一斉に叩かれて。恐ろしい世の中です。

圭吾の家を訪問する校長と霧島、日向。真紀子が家の中へ招き入れる。

真紀子「お電話では、文書での報告と謝罪を要求したはずですけど」

霧島「申し訳ありませんが、今も事実関係を調査中です。文書にしてご報告できる段階ではないので」

真紀子「そうですか。結局、そうやってごまかされるんですね」

校長「我が校といたしましては、誠心誠意対応していく所存です。どうかご理解いただければと」

真紀子「見ますか。圭吾の部屋」

日向「みせてください」

真っ黒なスプレーで塗りつぶされた圭吾の部屋。

真紀子「いかがです?圭吾の絶望の深さが現れていますでしょう?」

日向「圭吾くんは色は黒が好きだって言ってました。でももともとこの部屋は」

真紀子「あの夜体育館で、あなたが何か余計なことを言ったんじゃありませんか?だから圭吾はこんなことを。何も答えないならそれでかまいません。学校でどんな辛い目に遭わされたのか、圭吾本人にききますから」

机の上の大きなかぼちゃのランプを付ける真紀子。

真紀子「今日はハロウィンですから。ご存知です?ハロウィンは一年に一度死者の霊が家族をたずねてくるっていう言い伝えがあるの」

真紀子「圭吾もきっと帰ってきてくれます。そしたらもうどこにも行かせません。あの子私がそばにいないとダメな子なんです。」(にっこり微笑む真紀子)

あかん!怖すぎる。ホラー苦手なんですよ、ホントに背筋が寒くなった。っていうか、死んでもなお逃れなれない圭吾くんがかわいそうでかわいそうで、涙も…。

ハロウィンに賑わう街中で本庄と会う日向。

日向「はなしたいことがあるの。もうお母さんと会わないで」

本庄「…なんで?」

日向「あの人は最低の母親だから」

 

その頃、家路を急いでいた辻は、突然かぼちゃをかぶった人物に、襲われる。

えー!思わず声がでました。スタンガンだけじゃなくて殴られてた!辻先生大丈夫かな?お願いだから死なないで欲しい!それにしても犯人は誰なんだろう?無関係の人間…ではないような気が。真紀子さんだったら?怖くて眠れないかも。

日向は、やっと本庄に母親のことを話せましたね。毒親って外面がとてもよかったりするようなので、話せて良かったです。本庄は日向を守れるのかな?やはり来週も、見逃せない展開です!

見逃し配信動画をフルで見る方法

無料で見れるDailymotionとかPandoraとか動画サイトもあるけど、実際にウイルス感染もあって正直危ないですよね・・・。

あと基本的にそういう動画は違法なので見ること自体も違法行為なんだとか・・・!

「でもやっぱりドラマを見たい!」

っていう人にオススメなのがこれ!



見逃し配信動画をフルで見るなら断然FOD
  • 最新・人気ドラマ
  • 話題の映画
  • 原作マンガ
  • 90種類以上の雑誌
全て見放題!!

しかも今なら期間限定1ヶ月無料お試しキャンペーン実施中!

ただ、いつこのキャンペーンが終わるかわからないので、
最新ドラマから映画・マンガ・雑誌も見れる「FOD」をまずはチェックしてみてね!!

>>FODの詳しい内容と実際に使ってみた『正直な感想』はこちら