コウノドリ2 動画10話無料フル視聴!命の選択?!

この記事は、ドラマを見逃しちゃった・もう一回見たい!という人のために、ドラマのあらすじ・感想をたっぷりとお届け!
そして最後まで見てくれた人にはドラマ動画の見逃し配信をフルで視聴できる裏ワザ特別に紹介しますよ〜!

 

コウノドリ2 10話の予想

 

次回は出生前診断を受けた2組ご夫婦の話のようですね。

これも何かと賛否両論の意見が出ますよね。

産まれる前に見つかっておいて出産後すぐ治療ができるといういい点もあれば、

重い病気を患ってしまったから堕胎する妊婦さんもいたり…

任意だったりするのもあったりするからした方がいいのか、知らずに産んだほうがいいのか…

毎回いろんな問題に思いが巡ります。

 

しかも、りょうさんが次回のゲスト出演です!!

次回かその次で終わってしまうのでしょうか?!

まだまだ、目が離せません!!

 

コウノドリ2 10話のあらすじと感想

 

高山透子は出生前診断を受けていた。

送られてきた検査結果を見てみると、『21トリソミー ダウン症候群』に陽性と書かれていたためペルソナを訪れた。

詳しく調べるには羊水検査をすることでわかることもあると聞き、検査を希望する。

ただ、検査結果が出るときには妊娠18週になっているとのことで、家庭の事情もあるため結果によってどう判断していくか現実と向き合う必要があるとサクラは助言する。

 

また、もう一組の夫婦の遺伝カウンセリングをサクラは受け持っていた。

辻明代(りょう)夫婦は羊水検査の結果を聞きに来ていた。

検査結果の用紙には『21トリソミー ダウン症候群』と書かれていた。

そして、赤ちゃんに何らかの疾患があった場合中絶を希望していた。

自分たちに育てられないと考えていたようだが、

今橋先生「疾患のあるお子さんを育てる自信が最初からあるご家族なんていないと思います。

人がそれぞれ違うようにダウン症があるお子さんも一人一人それぞれ違います。

育てていらっしゃるご家族にもそれぞれの思いがあるでしょう。」

辻「でも…やっぱり産めない」

辻は小さな弁当屋さんをやっていて、パート一人雇うのもやっと。

上にも娘がおり、産まれてくる赤ちゃんにかかりきりになるとやっていけないという。

授かった命、と思うけど育ててあげられない状況なら産まれる前に…というのも赤ちゃんの為だったりするのかな…。

 

合間に実際にダウン症のお子さんを育てている奥山佳恵さん(木村役)も出演されていました。

お子さんも実際のお子さんかな?

とても元気に白川先生と戯れていました!

 

辻夫婦は再度ペルソナに来ていた。

どうしてもまだ実感が沸かず、考えもまとまらない二人にサクラも小松も時間がないけどしっかり向き合おうと支えてくれた。

 

ペルソナの医師たちは、出生前診断について意見を交わしていた。

親として知る権利がある、でも知った後疾患があるとわかったら大体は中絶してしまう、ちゃんと性教育をするべきだ、などと意見を言い合っていた。

四宮先生は「出生前診断で我が子の情報を知る権利はありとしても、その後の判断をどうしていくか考えもなしに検査を受けるのはどうかと思う」と言って納得させられた。

 

羊水検査の結果、辻夫婦のお子さんはやはりダウン症だという。

家族会議が行われ、あきらめた方がいいんじゃないかという意見が飛び交った。

母親が二人で話がしたいと透子と話をした。

母親は透子が苦労するところを見たくないと言い、諦めた方がいいという意見を述べた。

 

木村は今橋先生のところを訪れていた。

木村「検査でわかるのは一部の染色体の疾患だけじゃない?

なんで、出生前診断でわかるこの子たちだけがはじかれるの?

今後は産まれる前に検査をするのが当たり前になって、どんどんダウン症のある子がいなくなっちゃうんじゃないかな?」

奥山さんはお子さんを大事に大切に思っているのがよくわかります。

 

もう一組のダウン症だと言われた辻夫婦は、気持ちが固まりつつあった。

もし産んだとして、親が居なくなった後のことを考えると上の娘に任せるのが可愛そうとのこと。

その意見に反して、小松の同級生の武田(須藤理沙)も現在妊娠中で42歳という年齢もあり、検査を考えたが受けてはいなかった。

理由として悩むのが怖いからとのこと。

どんな子でも自分の子だから受け入れる!という。

色んな意見がありますね。

家庭の事情も絡んでくるし、ここばっかりはそれが正しいとは言い切れません。

 

高山はいつもは夫婦で来ていたが、今日は一人でサクラと今橋先生と話をしに来ていた。

家族はみんな諦めることを勧めてきた。

自身の想いは、3年前から不妊治療をしての今回の妊娠。

喜びもひとしおだったが検査結果を知って育てる自信がない。

今橋先生は成長の違いや知的の面、疾患の関係など現実を伝えた。

でも、ダウン症児の本人は悩まず幸福を感じて生きていく子も多いという。

サクラはどんな結果でも後悔は出るから、しっかり悩んで答えを出して欲しいと伝えた。

 

辻は人工中絶をしに来院していた。

高まる陣痛の中サクラにお願いをした。

辻「最後、この子抱いてもいいですか?」

サクラ「…わかりました。」

辻は病室で

辻「抱っこさせてもらったんです。すごく小さくて、でも温かかった…」

と小松に慰めてもらった。

私は大丈夫ですと中絶する前に動揺を隠して冷静な自分でいたんだろうけど、やっぱり数週でもお腹に居た命に触れると辛くなってしまいますよね…

退院時には、小さなお棺を腕に抱いて辻夫婦はペルソナを後にした。。。

 

高山はダウン症に関する本を旦那さんに見せ、周りにとらわれず夫婦で考えてみようと提案する。

ダウン症のことをそこまで知らずに中絶したりするより、ダウン症のことを少しで知って考えるってとてもいい考えだなと思いました。

それでも高山夫婦は今回は諦めることに決断をした。

最後に、エコーを見せてほしいとサクラにお願いをした。

元気に動いている姿を目に焼き付けていた。

 

ペルソナでの会議で高山夫婦が決断したことを報告した。

最後に赤ちゃんを抱きたいという高山夫婦の意見に五郎先生が疑問を抱いた。

五郎先生「出生前診断をどうして命の選別をするんだろうって。

このまま出生前診断がメジャーになっていってそれが当たり前になったとき、医師としてどう向き合えばいいのでしょうか?」

サクラ「五郎先生、その質問の答えは僕にはわからない。命は尊い。赤ちゃんが産まれてくることは奇跡だ。

平等であるはずの命を選別してはいけない。その通りだ。けど、僕はずっと迷ってる。

『命を選別』その言葉にみんなが囚われてしまっていて、お母さん、お父さん、家族、その事情には目が向けられてはいない。

それぞれの事情の上に命は産まれてくる。育てていくのは家族なんだ。

出生前診断を受けた結果、中絶を選択する家族もいる。心が重くなる。

いつまでも慣れることはない。けど、悩みに悩んでその選択をして、僕たちに助けを求めている。

その手を払いのけることはできない。中絶を決めたお母さんが赤ちゃんを最後に抱きたいと願う。

確かに矛盾してるかもしれない。だけど、その葛藤に僕たちが寄り添わないで誰が寄り添う?

検査を受けた人、受けなかった人、赤ちゃんを産んだ人、産まなかった人、どの選択も間違ってない。

いや、間違ってなかったと思えるように産科医として家族と一緒に命と向き合っていく。

それは僕に、僕たちにできることなんだとそう信じて僕はここにいる。」

そう命の話を五郎先生に伝えた。

 

高山は徐々に子宮口を広げる為2日前から入院をしていた。

旦那さんには二人で出した決断だから一人で責任を感じるなと手を取り合った。

実際に処置の部屋に入る手前で座り込んでしまった。

高山「この子私の赤ちゃんなの。…産みたい。でも、怖い。自信がない。でも…」

母親「あんた、産みたいんだね?大丈夫、あんたがへばっても母さんが一緒に育てる。」

そういいながら抱きしめた。

 

その後、サクラと小松はお互い気持ちが入っちゃうなと話した。

サクラ「産科医としてできることを精いっぱいします。」

小松「産科医としてか…鴻鳥先生、私ずっと考えてることがあるんだ。あのね…」

絶妙なタイミングで四宮先生が入ってきた。

そそくさと帰る準備をする四宮先生に小松がどうしたの?と聞く。

四宮先生「すみません、またしばらく帰ります。親父が死んだ。すまん、迷惑かけるな。カルテは…」

サクラ「大丈夫だ。四宮…」

四宮先生「大丈夫だ。ペルソナのこと頼むぞ。」

そう言い残して実家へ向かった…

 

見逃し配信動画をフルで見る方法

無料で見れるDailymotionとかPandoraとか動画サイトもあるけど、実際にウイルス感染もあって正直危ないですよね・・・。

あと基本的にそういう動画は違法なので見ること自体も違法行為なんだとか・・・!

「でもやっぱりドラマを見たい!」

っていう人にオススメなのがこれ!

見逃し動画をフルで見るならU-NEXTが賢い選択♪
  • 現在放送中ドラマ・アニメの最新話
  • 話題の映画
  • 人気コミック・原作マンガ
  • 70種類以上の雑誌
  • アダルト(2000本以上)
配信本数12万本以上!!

しかも動画をダウンロードできるから、ネット環境なくても見れちゃうスグレモノ♪

今なら期間限定で31日間無料トライアルキャンペーン実施中!!

初回登録に限り、ポイントも600ポイントもらえるから、

見たかったあのドラマもポイントで見れちゃう!

そんなU-NEXTを実際に使ってみた『正直な感想』を書いて見ました。

>>U-NEXTの詳しい内容と実際に使ってみた『正直な感想』はこちら