コウノドリ2 動画最終話無料フル視聴! みんなが選んだそれぞれの道

この記事は、ドラマを見逃しちゃった・もう一回見たい!という人のために、ドラマのあらすじ・感想をたっぷりとお届け!
そして最後まで見てくれた人にはドラマ動画の見逃し配信をフルで視聴できる裏ワザ特別に紹介しますよ〜!

 

コウノドリ2 最終話の予想

 

いよいよ最終話です。。。

サクラや小松さん、四宮先生にまた会えなくなるなんて寂しいです…

 

次回は、チームが起こす最後の奇跡と書かれています。

小松の同級生の武田の出産でアクシデントが起こったようです。

救命の下屋先生も来てみんなで武田を救えるのでしょうか?!

 

あと、気になるのは前回終盤での小松の言いかけた言葉。

そして四宮先生のお父さんが亡くなり、その跡継ぎに四宮先生は帰っちゃわないの?!

という疑問。

 

とにもかくにも来週が見逃せません!!

 

コウノドリ2 最終話のあらすじと感想

 

いよいよクライマックス…

みんなが起こす奇跡とは一体…!?

 

ペルソナでは中国人の妊婦さんの出産が行われていた。

言葉がわからなくてお互い困惑していたが、まさかの倉崎先生がペラッペラ!!

順調にお産が進んでいたところにそこでもまさかのシーズン1で新生児科にいた新井先生(山口紗弥加)!!

サクラと小松も驚く暇もなくお産は進められ無事に元気な男の子が産まれた。

 

新井先生はペルソナの院長にぜひ戻ってきて欲しいと講談医大に頭を下げてお願いし、ペルソナの新生児科に復帰することになった。

一方、白川先生が新生児循環器科の勉強をするに辺り講談医大に再就職することとなっていた。

 

 

前回の羊水検査をしてダウン症の赤ちゃんがいると診断された高山夫妻。

一時は堕ろすと決めて入院したが、最後の最後に産むと決意し退院した。

心臓病などの合併症は今のところ見つからない為、特別な子の子育てというよりも赤ちゃんが可愛いと思えるサポートをしようとカンファレンスで話し合っていた。

 

その頃、四宮先生は前回お父さんが亡くなられたことで実家に戻っていた。

産科の次の先生がなかなか見つからないというのを聞いて、何か思うことがあるようでしたが病院を後にした。

 

ペルソナに小松の同期の武田が診察に来ていた。

高齢出産だがなんとか順調に育っている様子。

小松は武田の赤ちゃんを全力で取り上げる!と自分の身内のように喜んでいた。

 

高山夫婦は自宅に帰って、少し意識の違いに困惑していた。

透子は必死に障害児保育のことに熱心に調べているが、光弘はしっかりしなきゃと思いつつも疲れて見えてしまう母親の姿を思ってしまうよう…

そのことをペルソナに相談しに来ていた。

小松さんの言うように母親はお腹の中に赤ちゃんの命や存在を感じることができるけど、父親はどうしても自覚するまでに時間がかかっちゃうしなぁ。

産まれてからもおむつや寝かしつけは父親ができても、しばらくは母乳、母乳で母親にくっついてるからなかなか自覚沸かないよね。

産むと決めた以上しっかりしなきゃと思う透子にサクラはダウン症の子を持つ保護者を紹介することもできると提案する。

 

その話を聞いて小松とソーシャルワーカーの向井と一緒に子育て支援センターにきた高山夫婦。

そこで木村(奥山佳恵)一家とも会うことに。

ダウン症の子供を持つ親の子育てについて話を聞いて強いなと透子は思う。

木村「みんな知らない。知らないから色々言われることもちろんある。それこそ親戚や友達にだって傷つけられることもある。

けどね、颯馬がこうやって元気に遊んでることが大事。どんなに辛いこと言われるよりあの子が元気ないときの方が辛いももん。」

光弘も木村さんの旦那さんに話を聞いていた。

旦那さん「ありがちな言葉だけどあんただけじゃないよ。」

その言葉を聞いて少し気持ちが落ち着いた様子。

子どもを産み育てるのでも初めてで全くわからないのに、障害児となると余計に混乱しちゃいますね。

 

サクラは帰ってきた四宮先生に今日ちょっと付き合って、と頼んだ。

その行った先には荻島(佐々木蔵之介)がいた。

第一話でサクラがヘルプで行っていた病院の産科医でしたね。

サクラのあるたくらみを四宮に聞かせる為なんじゃないでしょうか?!と勝手な予想…

でも、四宮先生は設備の整っていないところで産むのは反対だという。

荻島「どこにいても、俺たち医者はいつでも生と死、そのはざまに立っているんだ。

どれだけ医療が発展しても全ての命を救うことはできないんだから。

急いで生きたいなら一人で生きなよ。遠くへ行きたいならみんなで行きなよ。俺の先輩が言ってたよ。

おんなじ産科医。場所は違っても心意気は同じ。

どこに行っても独りぼっちで戦わなきゃいけないって、そんなことはないよ」

と優しく教えるように話した。

サクラは四宮先生が迷ってると勘づいてるんだろうな…

島でたった一人の産科医だったお父さんが居なくなって、四宮先生にその跡継ぎとして頑張ってほしいという気持ちがそうさせてるんだなぁ。

 

『オランダへようこそ』というダウン症の子を持つ母親の30年も前に書かれた文章だそうです。

劇中でも透子がペルソナに今後のことを相談しに来た時に今橋先生が透子に渡したものです。

その文章をバックに登場人物一人一人の表情が垣間見れます。

本当はイタリア旅行に行くはずの準備をしていたのに、来てみればオランダだったという障害児の出産を旅行に例えた詩のようです。

一話に出ていたナオトインティライミさん高橋メアリージュンさんの夫婦のその後や、サクラの児童福祉施設、木村一家、本当にNICUにいる赤ちゃんたち…

その詩のような助産師に小松はなりたいと言い、透子は子育てをしながらも同じようにイタリアに行きたいと思うけど支えてほしいと自分の意見をしっかりと両家に伝えた。

 

今度はまたもや復帰した人が!!

シーズン1で出演していた角田(清野菜名)が産休明けて帰ってきた!

小松がラブコールを送り帰ってきたと知り、何かに勘付くサクラ…

これまたよくない方向に…?!

 

いよいよ武田の出産が間近に迫ってきていた。

陣痛が来ていてもなかなかお産が進まず、赤ちゃんが苦しそうなので帝王切開に切り替える。

そばにはしっかり小松がついていた。

オペ室に入るとサクラに四宮先生、小松と揃いも揃って豪華!!

赤ちゃんも無事でできて小松と笑顔で言葉を投げ合った。

最初は泣かなかった赤ちゃんも無事産声を上げ武田もうれし泣きをしていた。

でも、サクラと四宮先生はあまりいい表情をしていなかった。

小松が赤ちゃんをくるんで武田の元に渡そうとしたとき、床一面の出血と意識が朦朧とした武田が!

子宮がぶよぶよで血が固まらない『子宮型羊水塞栓症』と2人は判断。

サクラ「クリティカルコール!!救命に連絡して!!」

連絡を受けた加瀬先生、下屋先生、五郎先生が駆け付ける。

小松も武田の横で名前を叫び励ます。

ついに心停止をしてしまう武田を必死に加瀬先生が心臓マッサージをし、除細動器などを下屋先生が使ったり…

ペルソナが一丸となって武田の命を守ろうとしている。

サクラ「戻ってこい!!」

小松「武田!!生きろ!!」

と叫んだ瞬間心拍が再開した!!

 

手術が終わり、小松が武田の赤ちゃんを抱き、旦那さんに子宮を全摘するしかなかったと報告していた時武田は目を覚ました。

その時に初めて赤ちゃんと肌を合わせた。

 

四宮先生も助かってよかったと振り返る。

3万分の1の確率の子宮型羊水塞栓症という病気なんだそう。

サクラ「そのまさかがあり得るのが命が産まれるっていうことなのかもしれない。」

そう話しているところに四宮先生が話し始めた。

四宮先生「サクラ、小松さん、ペルソナを辞めようと思う。能登に帰る。」

サクラ「四宮はそういうと思っていたよ。」

四宮先生「飛び込んでみるしかないと思ったんだ。怖がってるばかりじゃなくて。

俺も赤ちゃんが好きだからな。」

サクラ「四宮は一人じゃない。」

小松「四宮先生、自分の行く道決めたんだね。よし!私も一歩踏み出そう。

鴻鳥先生、四宮先生、小松留美子ペルソナを辞めます!」

驚く2人。

小松「お母さんのケアに力を入れた場所を作りたいんだ。

やっぱ私ね、赤ちゃんを産む前も産んだ後もお母さんや家族の人生に寄り添いたい。

だからね、ペルソナの外から鴻鳥先生やみんなを支えたい。いいかな?」

サクラ「いいですよ」

小松「そんなあっさり?!」

サクラ「離れてたって僕たちが目指す場所は同じだ。それに、僕はいつでもペルソナに居てみんなを繋げていくよ。

お母さん、赤ちゃんと社会も。そして、それぞれの場所で頑張る仲間たちを繋げていく。

そういう医者に僕はなりたい。それは、赤ちゃんとお母さんの笑顔につながっていくと思うから。

また、夢みたいなこと言ってるかな?」

四宮先生「う~ん、そうだな。でも、いいんじゃないか?

夢みたいなことをいうやつがいないと先には進めないからな」

小松「ペルソナに来たらいつでも鴻鳥先生が待ってるんだ。

何それ、なんかそれって…家族みたいじゃん!!」

と笑顔でサクラと四宮先生を抱きしめた。

みんないなくなるのはすごく寂しいのにとっても嬉しくてほんわかする場面でした。

四宮先生はそうなると思ってました!

小松さんは今までのを見てきてすごくあってるなぁと素直に思いました。

 

白川先生もみんなに送られながらNICUを後にする。

吾郎先生は産科に行くと決めた。

下屋先生も救命に行っちゃったし、みんなそれぞれの場所でそれぞれの道を歩んでいくんですね…

 

4か月後になり、高山夫婦は無事に生まれた。

そして、それぞれの道をみんな歩み始めていた。

下屋先生は前よりもバリバリに救命で周りの指揮をとりながら働いている。

白川先生は新しいところで勉強を積んでいる。

小松は『スマイルケア小松』という産前産後のお母さんに寄り添う施設を建てる様で設計の人と話を進めながらその設計の方といい雰囲気…!

四宮先生は地元での産科をしっかり努めている。

吾郎先生はなんと…ペルソナから地域医療研修医として派遣されていた!!

四宮先生「邪魔はすんなよ?ジュニア君」

吾郎先生「体当たりで学ばせていただきます!ジュニア先輩」

それを聞いた四宮先生が思いっきり笑った!!

このドラマで数回しか見られないレアな表情!!

 

「出産は奇跡だ。

奇跡の後には現実が続いていく。

苦しくて心折れそうになることがあるかもしれない。

進む道に迷うことがあるかもしれない。

けれど、僕はここにいる。

ここで赤ちゃんと家族の人生に寄り添っていく。

ようこそ!この世界に。産まれてきてくれておめでとう。

そして、全ての命にありがとう。」

とサクラが最後に言った。

 

ついに終わってしまったー!!

それぞれがそれぞれの道で、でも向かう先は一つの頂点で…

本当に家族みたいにいいチームワークで理想の職場ですね!

お互いを高め合って、ぶつかり合いながらも尊重して。

そんなペルソナがまた帰ってきてくれたらいいなと願いながらあらすじ・感想は終わります♪

 

見逃し配信動画をフルで見る方法

無料で見れるDailymotionとかPandoraとか動画サイトもあるけど、実際にウイルス感染もあって正直危ないですよね・・・。

あと基本的にそういう動画は違法なので見ること自体も違法行為なんだとか・・・!

「でもやっぱりドラマを見たい!」

っていう人にオススメなのがこれ!

見逃し動画をフルで見るならU-NEXTが賢い選択♪
  • 現在放送中ドラマ・アニメの最新話
  • 話題の映画
  • 人気コミック・原作マンガ
  • 70種類以上の雑誌
  • アダルト(2000本以上)
配信本数12万本以上!!

しかも動画をダウンロードできるから、ネット環境なくても見れちゃうスグレモノ♪

今なら期間限定で31日間無料トライアルキャンペーン実施中!!

初回登録に限り、ポイントも600ポイントもらえるから、

見たかったあのドラマもポイントで見れちゃう!

そんなU-NEXTを実際に使ってみた『正直な感想』を書いて見ました。

>>U-NEXTの詳しい内容と実際に使ってみた『正直な感想』はこちら