陸王10話最終回動画を無料フル視聴!茂木の選択こはぜ屋の未来、奇跡は起きる!

この記事は、ドラマを見逃しちゃった・もう一回見たい!という人のために、ドラマのあらすじ・感想をたっぷりとお届け!
そして最後まで見てくれた人にはドラマ動画の見逃し配信をフルで視聴できる裏ワザ特別に紹介しますよ〜!

陸王 第10話 のあらすじと感想

 

とうとう始まった、陸王最終回。

フェリックスからの買収も免れ、こはぜ屋の暖簾と社員を守った宮沢。でも、こはぜ屋の経営危機にはかわりなし。

最終回、どうなるのかな、こはぜ屋に、茂木に、大地の就職。

いろんなことが気になりすぎる〜!!

 

御園と小原の会食からのスタート。

「お役に立てず、申し訳ありません。」

シルクレイの件、こはぜ屋が断った事を小原に告げる御園。フェリックスからの話を断るとは…という小原、陸王を警戒しているから?という御園からの問いかけに、我々があんな連中を、という答え。

「あなたは勘違いをしていらっしゃる。私は大真面目にこはぜ屋さんを欲しいと思っている。RⅡは今、横並びの数字。伸びしろのある陸王の方が可能性を感じています。あなた方とは取引をするつもりはございませんでした。」

と言い残して退席する御園。

その後、

「先日の件、早急に根回しを頼む。」

と電話。 何か企んでる?どうしてもこはぜ屋を手に入れたくなったのかな。

御園社長が良い人なのかどうか…読めない。

 

シルクレイの売り込みを続けるこはぜ屋の面々、でも、1億の設備投資の壁に当たって、なかなか進まず。

ここにきて、まだ先が見えない…>_<…

宮沢が訪れたのは、ヘルメットメーカー。手応えあり!

やったぁ…と思ったのも束の間、早々の連絡で、なかった事に。と言われる。

ここだけの話で、【とある会社が信用状況を耳打ちしてきた】 それが、某大手シューズメーカー。

 

またあいつらか。アトランティスめ!!どこまで邪魔するんや、多難過ぎるし、えらいとこを敵に回してしまった…やわ。

村野と宮沢が、ダイワ食品に陸王を持って行ったけど、監督に断られる。

「ずっと応援してる証に。」

にも、自己満足に付き合ってる時間はない、と。

自己満足か…、確かにな。やっぱり、陸王を履くことはないのか。けど、絶対に茂木は陸王に足を通すはず!そうでなくては終われない!(笑)

 

大地は、メトロ電業っていう大手の企業の二次募集の一次面接(ややこし…)に通った!一番目標にしていた会社。

でも、こはぜ屋に未練があるんやろうな、いつもの同級生に

「今度はお前自身が走る番じゃねぇか?」

って言われるけど、ちょっと浮かない顔。

大地の就職も気になる。 こはぜ屋に残るのかな。残って欲しいな。

 

飯山がシルクレイの製造機の図面を引いているところに大地が来て、アドバイス。

「メトロ電業の通る奴は、さすが。」

何と大地、面接通過の手紙をゴミ箱に捨ててたらしい。それを見つけた茜が相談してきた。って、今回の茜はグッジョブなのか?いつもピンチを救う茜やけど。

「俺はこいつを設計するのに人生の半分くらい使っちまった。独学だったからな。

チャンスを自分から手放すんじゃねえぞ、大地。」

 

うぅん、これは、大地は残らない可能性あり?でも、それはそれでいいような気がしてきた…

 

シルクレイの取引先を、何と何と、あの家長支店長がピックアップしてきた、と大橋。

でも、家長はフェリックスの子会社になる方がいいのでは?と…大橋も、個人の意見としては家長に賛成。

と言ってるところに、御園からの電話。 タイミング良すぎ!

 

「先日の件、私に一つアイデアがあります。 」

シルクレイの開発の支援をする。3億の融資をし、シルクレイはフェリックスからこはぜ屋に発注。返済期限は5年。  3年はウチの取引だけで返済できるだけの発注をする。 残り2年で返済。3年のうちに返済できるくらいの業績をあげればいい。残り2年で返済出来なければうちの傘下に入ってもらう。

「ウチにもリスクはある。相応のリスクは背負ってもらう。それがビジネスです。リスクのないところにビジネスはない。」

 

こはぜ屋では、賛否両論。

「俺はフェリックスからの融資を受けたいと思う。挑戦しなけりゃ、負けもなければ、勝ちもない。何一つ成長せずに、ただ生き延びたって、意味がない。俺は挑戦したい。こはぜ屋を守る為には、挑戦するしかない。この身体一つ、心一つ残っていれば、必ずまた這い上がれる。その事を飯山さん、茂木選手に教わった。 諦めずに挑み続ければ、必ず道は開ける。それを大地から教わった。みんながいたからこそ、乗り越える事が出来た。守りたいんだ、こはぜ屋の暖簾と陸王を。そのためなら、俺は死に物狂いで働く。だからどうか、みんなの力を貸して欲しい!」

「何言ってんねん!…力、貸すに決まってるやろ!!」

一番に口を開いたのはフクコさん。 あけみさんも

「大丈夫だよ、私たちには、この【勝ち虫】がついてるんだから!」

「玄、あんたも腹くくりや!」

フクコさんの言葉に

「姉さんの言われたら、やるしかありませんな。」

やったぁ!陸王の再スタート!今度こそ上手く行く!!って信じてる!最終回で、やっと陸王の目処が立った! 茂木がまた履いてくれる日は来るのかな。

 

豊橋国際マラソン、アトランティスのサポート選手の記者会見。…やっぱり茂木、いる。RⅡ履いてる。

「狙うのは日本人の1位ではなく、優勝です。」

と宣言する毛塚。

茂木は、RⅡに履き替えた事を聞かれる。答えようとする茂木を遮って、会見を終わらせる佐山。

そりゃあ「部の存続のために。」とか言われたら大変やもんな。でも、茂木はそんなこと言わへんって。

 

こはぜ屋は、 みんなで豊橋国際マラソンの応援に行くことに。喜ぶ従業員。

でも、今回はRⅡを履いた茂木を応援することになる。いくらまた陸王を作れても、5年後、会社がどうなってるかわからない。最後までサポート出来ないなら、サポートしない。と言う宮沢

………そんな宮沢をめっちゃ見てる村野。 何か考えてるかな?

 

明後日は豊橋国際マラソン。

小原、佐山と茂木

「今、この世界でそのRⅡ以外に君に合うシューズは存在しない。」

「頑張れよ、茂木くん。この部のためにもな。」

……やっぱり、最終回でもなんか腹の立つ2人。安定の腹立たしさやし。それがいい感じなんやけど。

 

村野がその後やってくる。廊下かな?

「今から俺のすることは、多分、シューフィッターとして間違っている。」

取り出したのは、陸王!!

「最新の、そして、最後の一足だ。」

こはぜ屋が大口の融資を受けること、でも、5年後には吸収されるかもしれない事を説明する村野。

「お前をそれに巻き込みたくない。ただ持っているだけでいい、と。RⅡを履いていても応援したい、と。その陸王は……、どうしてもお前に届けない訳にはいかなかった。」

「ありがとうございます。 でも、今の俺はこの陸王を履く訳にはいきません。でも、嬉しいです。 心が温かくなります…。」

「そのRⅡはいいシューズだ、悔いのないレースをしろ、茂木。」

…、そのやり取りを聞いていた監督。

茂木を惑わせる事になる、って断った陸王。監督もきっと陸王の良さとか、茂木の思いとか、部の事とか…いろいろと複雑なんやろうな。

 

大地と宮沢。

「本当はまだ迷ってんじゃないか?」

「迷ってない。けど、急に怖くなっちゃってな。もしかすると、5年後 こはぜ屋は無くなってるんじゃないかって。 」

大地は、豊橋国際マラソンの日はメトロ電業の最終面接の日。終わったら直ぐ駆けつける。

「勝負の日だな、茂木選手もお前も。」

 

あぁぁぁ、終わりに近づいてる。ハラハラするし、ドキドキする。

 

豊橋国際マラソン。こはぜ屋の従業員、全員で茂木の応援!!

陸王の全ては、ここから始まったんやな。って、シミジミ。

 

大地はメトロ電業での面接。

陸王を面接官の皆さんに見せてる

……あれ?瀬古さんがいる? スゴイ!芸が細かい〜。でも、選手(はムリか)とかコーチじゃなくて、面接官なんや。 今までも、こんな小技(?)あったんかな。見逃してたんかな? これは、初めから見直したい!

 

陸王の開発、壁に当たっても乗り越えてきたこと、たくさんの人が力を貸してくれたこと。誰一人欠けても陸王を完成させることができなかった。

「そこから何を学びましたか?」

「仕事の厳しさと、そこに逃げずに挑戦する楽しさです。」

「君は、この仕事を続けたいんじゃないのかい?」

私もそう思う!……これは、大地、こはぜ屋に残る可能性あり??大地もきっとその思いに気付いてるって。 ここでどんな返事したんやろ。きになる。

 

レース前。RⅡに足を入れる茂木。…やっぱりか。

そこにきた毛塚。

「オイ、完走しろよ、この前みたいに 怪我で棄権 なんてオチは許さねぇ。」

毛塚、茂木をしっかりライバル。って認めてるんやわ。 嫌なヤツやったのは、認めてるからなんやわ。 薄々感じてたけど…素直じゃないなぁ〜。

村野と宮沢が茂木に会いに行く。 あけみさんから小さな紙袋を渡される宮沢。

宮沢が茂木に

「どうしてもちゃんとお礼が言いたくて。 あの日、茂木さんがいたから陸王に挑戦することが出来ました。 ありがとう。 これ…シューズは無理でも、せめて靴ひもだけでも。って、神社で願掛けしてきた。って。もしよかったら、お守り代わりに持っていてください。」

あけみさんかから渡された袋の中には、靴ひもと、こはぜ屋の勝ち虫。

そこに……また来た、小原と佐山。

「全く油断も隙もないなぁ。」

「何を言われたか知らんが、レースに勝つことだけを考えればいい。」

そういう佐山に、茂木が

「小原さん、申し訳ありませんおれは、このRⅡを履くことはできません。」

「何を履くと言うんだ!」

「おれは、この陸王を履きます。スポンサー契約を破ってしまったことは謝ります。でも、もうたくさんです。 怪我をしてからこの2年、いいときは擦り寄ってくるのに、悪くなると切り離す。 レースに復帰したら手のひらを返してくる。そんな人間をたくさん見てきました。  今のこはぜ屋さんは、2年前の俺なんです。もし俺がこの陸王を履かなかったら、俺を見限った人と同じ。信じたもの、信じた人達を自分自身で裏切ることになる。」

そう言いながら陸王を履こうとするのを小原に止められる…

「私を失望させないでくれ。一流の選手はシューズの性能で判断するべき。」

「技術の差は僅かでも、込められた思いは雲泥の差なんです。こはぜ屋さんは、いつも一緒に走ってくれる。 このRⅡを履いている時も。 俺はこれからもこはぜ屋さんと一緒に走りたいせす。」

「情にながされずに…。君は世界を目指すんだろ。 RⅡを履きなさい。 茂木裕人、君なら正しい判断をしてくれると信じてる。」

 

レース開始15分前。関係者以外は退出。

茂木、どっちを履くんやろう。 すごくジーンとくる言葉。 こはぜ屋と茂木の繋がりをすごく感じた! この気持ちを聞いたら、もう、RⅡ履いても 悩んだ末か…仕方なかったんか。っておもえる…かも。いや、でも陸王履いて欲しいな。

 

選手登場の前、呆然としてる宮沢。 そりゃあそうやわ。

毛塚の登場に、大歓声。 足元はもちろん陸王。

茂木は??茂木の足元は??茂木、出てこない〜

 

遅れて茂木、登場!

 

あしもとは……

 

陸王!!

ヤバい、泣きそう。嘘だろ、茂木!!…ヤスの言葉を皮切りに、みんなの涙が止まらない!

一人一人の顔が…もう、たまらんっ。私もこはぜ屋の一員のように嬉しいです!

 

解説はまた増田明美。 茂木選手、靴、変えましたね。アトランティスと契約してたはず…

この言葉聞いたアトランティスの二人組、悔しいやろうなぁ。

こはぜ屋のみんなの前を通る茂木。そして、一礼。こういうところで良い人。って感じる。

 

小原・佐山が監督に詰め寄るけど

「構わん!損得勘定抜きで、命削って走ってるんだ、その邪魔をするな!!」

と一蹴。 これ、きっと今だけじゃなくて、いままでの溜まってた言葉なんやと思う。

 

スタート直前で、毛塚から

「結局そっち履いたんんだいい靴なんだな、それ。」

と言われ

「あぁ、最高だ!」

と答える茂木。

なんか、急に毛塚もいい人に思えた。 毛塚もプレッシャーの中で頑張ってるんやわ。そのいいライバルが 茂木なんやな。

 

レーススタート。

—-10km地点—-

先頭から少し遅れる茂木。

心配するみんなに、体力温存のため。と説明する村野。

その言葉通り、茂木、前に。 毛塚も…。

 

—-25km地点—-

ケニアの選手、トップに抜け出す。

毛塚も仕掛けた!抜け出した。

 

—-30km地点・給水ポイント—-

毛塚、給水せず。

茂木はしっかり給水。

 

「あいつ、もしかして…。」

レース展開を予測する村野。

上り坂で、周りのペースが落ちる時にペースアップする、と予測。茂木もペースが落ちるんじゃないか?という宮沢に

「あいつは箱根を制した男ですよ、必ずここで勝負に出る!」

 

村野のいう通り、次々と抜いていって、前にいるのは毛塚とケニアの選手。

 

御園社長

大橋

みんな、テレビの前で応援してるっ!

 

—-35km地点・給水ポイント—-

毛塚、ボトルを落としてしまう…給水出来ず。苦しそう、ピンチ!

茂木はしっかり給水。………アレ?!ボトル持ったまま、ペースを上げて行く…もしかして。??

茂木に追いついた!やっぱり!毛塚にボトル渡した〜!!受け取る毛塚。

「人が良すぎるよ。」

「ああいうヤツなんですよ、茂木裕人は!」

なんか、市民マラソンでおんぶした宮沢を思い出した。

 

—-38km地点—-

茂木と毛塚のせめぎあい。

足音がすごい響いてる!

宮沢…どこかへいく…。

走ってる2人は、自然と笑顔に。 一緒に走って、戦っている事が楽しそうで嬉しそう。

 

—-

宮沢と大地が合流。

やっぱりここで。 茂木が怪我した場所。陸王を作るきっかけになった場所。

「全部ここから始まったからね。」

 

—-40km地点—-

茂木と毛塚は並んでる。

顔が歪む茂木、えっ?!足??

イヤ、違う。先頭のケニアの選手が足を痛めて倒れ込む…茂木が怪我した場所。

茂木は、それを思い出したんや… やっぱり顔が歪む茂木。

ペースも乱れてる。

茂木を見ながらも、離していく毛塚。

 

そこで宮沢と大地が茂木の視界に入る。

「茂木、あきらめるな〜!」

「陸王を信じて走れ〜!」

茂木、ペースを取り戻した!

 

—-ゴール地点—-

茂木が毛塚に追いついて、並走。

抜きつ抜かれつ…

ゴールテープを切ったのは、茂木!!

 

「あんた、言ってたじゃない。シルクレイでたくさんの人を喜ばせたい。って。よかったね、夢が叶ったね。」

飯山の奥さん…

こはぜ屋のみんなも、テレビの前のみんなも。もう、涙なしでは見られない!

ゴール後、茂木の元に来た毛塚…

「つえーな。」

と手を差し出し、握手。

「次は俺が勝つ。」

この2人、やっぱりいい関係なんやわ。お互いを高め合う2人なんやわ。

 

佐山も泣いてる!それを見てる小原の視線…怖っ。

 

—-優勝インタビュー—-

今、僕がここに立てているのは、僕だけの力じゃありません。 チームのみんな、そして…

シューズを脱ぐ茂木。

この陸王に支えられました。

苦しくて、何度も諦めた時に、この陸王が思い出させてくれました。走るのが好きなんだ。って。こんな僕をずっと応援し、支えくれたこはぜ屋の皆さんに今日の優勝は捧げたいと思います。

 

茂木、こはぜ屋への恩返しなんやろうな。何か、出てくる人がみんないい人すぎるわ。

本当に、優勝おめでとう!

 

こはぜ屋では電話が鳴り止まず。

 

—-数日後—-

注文殺到のこはぜ屋。

そんな中、宮沢に話がある。と大地。

「メトロ電業、うかったよ。」

「すごいじゃないか、おめでとう。」

「…断ろうと思うんだ。こはぜ屋の仕事を続けようと思う。いろんな面接をしてきて、本当にやりたいことをいろいろ考えた。陸王の開発をして、ランニング業界に殴り込みをかけること以上に面白いことはないと思うんだ。  俺をこはぜ屋で働かせて下さい。」

「ありがとうな、大地。だけど、お前はメトロ電業に行け。うちは零細で、足らないことだらけだ。この3年間、うちで働いて来たお前だからこそ、メトロ電業に行けばうちに足りないことがきっとわかる。そこで思う存分働いて、うちでは得られない知識や経験を蓄積してこい。世界を見てこい、大地。そして、その大きさを俺たちに教えてくれ。」

「わかった。俺なりに精一杯勉強してくる。だけど、一旦出るからには戻るつもりでは働かない。 それじゃあメトロ電業に失礼だから。」

「俺もお前もこれからが本番だ。」

「はい。今までお世話になりました。」

 

これ、今日一で泣いた。 茂木が優勝した時よりも。 こういう形になるとは予想してなかった。けど、これがベスト、っておもえる選択やわ。

 

—-1年後—-

アトランティスでは、40人のサポートの打ち切り。

「村野を切ったのが間違い。」

と責められる小原は、部下の判断が…とか、人のせいにしてる(-。-;

別会社に移動を宣告され、佐山にサポートを取り返してこい。と命令。

でも、佐山は

「あなたはアトランティスから切り捨てられたんです。私は一からシューフィッターの勉強をして、出直したい。」

と去っていく。 豊橋国際マラソンの途中で、小原に対して変な顔してたしな。

これを機に、選手思いのシューフィッターになりますように!

…でも、ちょっと、最後まで憎まれ役でいて欲しかったな、佐山。 小原の惨めさが映える。

 

こばせ屋は、何と、何と!第二工場が!

売り上げも30億!! 社員も20人から60人に。すごい成長。

「よくここまで盛り返しましたね。」

と家長支店長。

大橋も

「全く、本当にしぶとい人たちだな、こはぜ屋さんは。」

「やっぱり、それがうちの一番の強みかな。」

 

茜、シューズ売り場で見ているのは陸王。

いっぱい並んでる! 横のアトランティスコーナーと同じか、広いくらいのスペース。

アリムラスポーツでも、陸王の説明をする有村。

 

ダイワ食品では…………

あぁぁぁぁぁぁ!平瀬がいるっ。コーチで 戻ってきてる!

もう陸王では見られへんと思ってた〜!

 

そこに現れた御園。

なんと、ダイワ食品を支援している!

 

メトロ電業で働く大地。

 

東京国際マラソンのスタート地点、五輪の切符をかけての戦い。

もちろん茂木がスタート地点に。

足元は陸王!その足元にそっと手をやり、スタート!

「行け〜、陸王!!」

 

 

苦労の連続。どうなることか…と心配続き。の10話まで。本当に良かった!

なんか、気持ちが暖かくなる。そんなドラマ、誰も傷つかず。みんなが幸せに。…

 

茂木も、本当に存在しているんじゃないの?っておもえる。

今後、マラソンのテレビ中継とかで探してしまいそう(笑)

シューズ売り場で陸王探してしまいそう(笑)

駅伝で、ダイワ食品探しそう(笑)

 

現実に居て欲しいなぁ。っておもえる登場人物、陸王、超オススメドラマでした!!

陸王ロス。には、ならへんかな〜。 だって、本当にどこかにみんなが存在してそうやし。

……イヤ、でも、来週から見られへんのはやっぱり寂しいな。

 

見逃し配信動画をフルで見る方法

無料で見れるDailymotionとかPandoraとか動画サイトもあるけど、実際にウイルス感染もあって正直危ないですよね・・・。

あと基本的にそういう動画は違法なので見ること自体も違法行為なんだとか・・・!

「でもやっぱりドラマを見たい!」

っていう人にオススメなのがこれ!

見逃し動画をフルで見るならU-NEXTが賢い選択♪
  • 現在放送中ドラマ・アニメの最新話
  • 話題の映画
  • 人気コミック・原作マンガ
  • 70種類以上の雑誌
  • アダルト(2000本以上)
配信本数12万本以上!!

しかも動画をダウンロードできるから、ネット環境なくても見れちゃうスグレモノ♪

今なら期間限定で31日間無料トライアルキャンペーン実施中!!

初回登録に限り、ポイントも600ポイントもらえるから、

見たかったあのドラマもポイントで見れちゃう!

そんなU-NEXTを実際に使ってみた『正直な感想』を書いて見ました。

>>U-NEXTの詳しい内容と実際に使ってみた『正直な感想』はこちら